NewYork 生活

Index > Diary > あたらしい絵本

あたらしい絵本

tero01.jpg

 

新しい24ページの絵本を描きました。

9.11のアメリカ同時多発テロで家族を失ったアメリカの遺族会の人たちが、

今週から28日までニューヨークから東北の被災地へ訪れています。

崩壊したワールドトレードセンタービルの塊を遺族会で保管してあって

それをとかして、折ツルのモニュメントを作り、

日本の福島県の開成山公園へ贈られるそうです。

そのツルのモニュメントと一緒にERICCOの絵本も贈られることになりました。

tero03.jpg

 

この絵本制作、、、今までにない難しい題材に、大変やった~。

 

このストーリーは広島原爆の平和の象のモデルになっているサダコとその折ツルがでてきます。

それだけじゃなくて背景には空想じゃなくて、実在するものがたくさん登場するから、

制作する前にいろいろ資料を集めたり、何回もyoutubeで映像を見たり、実際に

トリビューとセンター(9/11の亡くなった人たちの遺品や写真が飾ってある記念館)へ行ったり

ワールドトレードセンター跡地へ行って、、、、、そしたら本当に自分もとてもとても悲しい気分になって

今までと違う雰囲気の絵が完成しました。

9/11の事件、ニュースで見たとき衝撃的で今でもリアルに覚えてる。

(アメリカ、怖かーーーー!!)映画みたいな別世界の話だったたのに、

まさか将来その街に住むなんて、あの当時は想像だにしてなかった・・・。

人生はいつもわからないね。

 

自分の消防士の息子を突然亡くしたLeeさんを初めとする、この遺族会の人たちは

11年たった今でも心を痛めている。それでも亡くなった人たちはかえってこない。

突然愛する人を亡くすという悲しみは、国境なんて関係なく世界中みんな感じることは同じです。

日本の被災地の人たちのこととても心配してて、どうか自分たちが乗り越えたように

日本の人たちも頑張って欲しいということを伝えたくて、今回来日されてます。

 

 

tero02.jpg

滞在中は東北の小学校や特別支援学校へ訪問したり、交流会やコンサートなど

いろんなイベントがあり、この絵本も使われる予定です。

 

東日本大震災のことに関してはずっと何かやりたいと思ってたし、

アメリカと日本をつなぐような

このプロジェクトに関われて本当にうれしいし光栄です。

 

東北の人たち喜んでくれたらいいなぁ。。。

 tero04.jpg

 


track back(0)

track back URL: http://ericco.mods.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/389

Comment(2)

天国に昇った後と思われる二枚の絵、素敵と言っても大丈夫かわからないけど・・・美しいね

辛い気持ちの人たちに、優しい気持ちが伝わるといいね・・・


ぐっち~!!
そうよくわかったね。この人たちはみんな魂たちだよ(^^)
ぐっち~に会ってお茶でもしたいなぁ~・・・鹿児島に行きたいなぁ~・・・なっちゃんにも会ってみたいなぁ・・・

Message