Index > Diary > Art summer camp

Art summer camp

去年働いたサマーキャンプの仕事を今年の夏もできることになり

先月から毎日子供達のアートクラスで働いています。

I 've been working as a teacher's assistant at National Academy School of Art summer camp.

1461001.jpg

1461003.jpg

This class is for students between the ages of  9-14.

Spending time in this class, reminding me of lots my childhood memories.

Last year, it was my first time to work in this summer camp and that was a little hard for me.

Because I didn't have good English skills and educational style that I went through in Japan is very different.

When I compare last year with this year,this year seems much easier.

I guess I am used to communicating with American children.And I really enjoy working with kids.

These days my mind is always happy and I feel I am getting younger.

Maybe because this is my passion : Childen and Art.

I really appreciate such a working opportunity..I want to do my best till the end of this summer camp

1461002.jpg

 担当している子達はもう9才〜14才のクラスなので小さくはないけど、大人でもない。

キャンプの間にある女の子は好きな子ができて、

最終日に自分の連絡先を男の子に渡したいのに、モジモジして渡せない。

そしたらその女の子の仲良しの子が、見かねてあの子の連絡先よって男の子に

番号を書いた紙をくしゃっとして投げて渡していました。恥ずかしさの裏返しでぶっきらぼうなのだ。

そんなやりとりを見ながら、初々しい気持ちになる。

 

アメリカの先生は子供達の名前を呼びながら、とにかくポイントごとによく褒める。

あたしが日本の小学、中学時代ってこんな褒められてなかったような気が・・・

そういやって子供達にやる気やモチベーションを与えてコントロールしているんだ。

褒めることって単純だけどとても大切だと感じる。

このクラスに参加してる子供のほとんどが、アートが好きだから来ているっていうのもあって

無我夢中になって制作する。そんな子供達を見ながら自分自身を重ねて思い出す。

昔あたしも授業中とかに、教科書やノートのすみには落書きいっぱいしてた。絵が好きとか考える前に楽しいから描いていた。

アートってシンプルに楽しいものなのだ。 単純なものでいいのだ。

そして毎日が生き生きとして感じます。

子供とアートと触れ合える仕事。これが自分にとって天職なんだろうな〜。

1461004.jpg

 

子供達は、こんな若い時期から有名なアート鑑賞したり美しい風景と触れ合いながら、アートを学んでいます。

ラッキーな子供達だな〜NYで生まれて育っていたら当たり前すぎて気づきにくいけど。

子供達の眩しい未来が羨ましい限りです。

初日は一人ぼっちで無口だった子が、最終日には大声で笑っている姿を見るとうれしい。

将来いつか子供のアート教室とか日本に帰っても持てるようになりたいなー。


track back(0)

track back URL: http://ericco.mods.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/490

Message